R-GIROの研究成果でもある文理融合の書籍を2023年8月に出版します

 第三期R-GIROの成果でもあり、現R-GIROの成果でもある文理融合の書籍を、井上先生(映像学部)、河島先生(青学)の編集協力と豪華執筆陣で、勁草書房から8月に出版します。出版社のホームページに書

谷口教授のコラムが京都新聞「現代の言葉」欄に掲載されました

 谷口忠大教授のコラムが、2023年7月14日付の京都新聞夕刊、「現代のことば」欄に掲載されました。今回のタイトルは「AIは意識を持つか?」です。意識の問題は人類史に長く存在する問いです。AIという新

谷口教授のクロスアポイントの取り組みが日本経済新聞で取り上げられました

 谷口教授のクロスアポイントの取り組みが、「産学連携、AI研究でお役立ち 立命館大の谷口忠大教授」といタイトルで、日本経済新聞電子版関西タイムラインに取り上げられました。ぜひご一読ください。

谷口教授のクロスアポイントでの研究成果が紹介されました

 谷口教授のクロスアポイントでの研究成果が、パナソニック ホールディングス㈱のホームページで紹介されました。発表論文は、“Online Re-Planning and Adaptive Paramet

RADIANT英語版における谷口教授のインタビュー記事がWEB公開されました

 2022年11月25日に投稿した、RADIANT英語版COVER STORIESの、谷口教授の研究が紹介されたインタビュー記事が、WEB公開されました。ぜひご一読ください。  

谷口教授のコラムが京都新聞「現代の言葉」欄に掲載されました

 谷口忠大教授のコラムが、2023年5月8日付の京都新聞夕刊、「現代のことば」欄に掲載されました。今回のタイトルは「チャット蒸気機関」です。最近話題の、「ChatGPT」についての考察です。ぜひ、ご一

RoboCup Japan Open 2023で複数の賞を受賞しました

 2023年5月3~7日に滋賀ダイハツアリーナで開催された、RoboCup Japan Open 2023において、創発研のメンバーが複数の賞を受賞しました。  この競技会における受賞は: ・Rob

言語処理学会第29回年次大会(NLP2023)でトリプル受賞しました

 言語処理学会第29回年次大会(NLP2023)で、創発システム研究室の博士前期課程(M2)山木 良輔さんと学部生(B4)大山 瑛さんが、受賞しました。山木さんは、論文タイトル「構文解析と画像生成の統

谷口教授のコラムが京都新聞「現代の言葉」欄に掲載されました

 谷口忠大教授のコラムが、2023年1月6日付の京都新聞夕刊、「現代のことば」欄に掲載されました。今回のタイトルは「大規模言語モデルで遊ぶ」です。最近話題の、「ChatGPT」の元になった「GPT-3

RoboCup JapanOpen 2022 @Home LeagueのRoboCup @Home DSPL Technical Challengeで優勝しました

RoboCup JapanOpen 2022 @Home LeagueのRoboCup @Home DSPL Technical Challengeで、当研究室と大阪工業大学との合同チーム: OIT-