ALL202420232022202120202019201820172016201520142013201220112010200920082007200620052004200320021994

Invited talks

  1. 谷口忠大, ビブリオバトルとコミュニケーション場のデザイン、~より良い出会いを作るために~全国大学ビブリオバトル2022, 2022, 活字文化推進会議, 招待講演 BibTeX
  2. 谷口忠大, コミュニケーション場のメカニズムデザイン, 2022, ナレッジキャピタル, 大阪, 招待講演 BibTeX
  3. 谷口彰, 第4回 WBAレクチャー[オンライン]脳のコンポーネント図の作り方:プロセス間関係の整理と確率モデルによる記述,「確率的生成モデルへの変換方法と実例紹介」, 2022, WBAI, https://wba-initiative.org/21218/ BibTeX
  4. Tadahiro Taniguchi, Constructive Approach to the Interaction between Symbol Emergence and Qualia Structure, 2022, Qualia Structure, Grant Final Meeting, Nara, Japan, Invited Talk BibTeX
  5. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスから実世界言語理解知能への展望, 2022, 第60回AIセミナー「言語を用いて経験を共有可能なロボットの実現を目指して 」人工知能研究センター, 産業技術総合研究所, 招待講演 BibTeX
  6. 谷口忠大, コミュニケーション場のメカニズムデザイン ~自律分散的な主体の「目に見えない環境」を設計する~, 2022, コミュニケーション学会関西支部大会, 招待講演 BibTeX
  7. 谷口忠大, マルチモーダルな予測に基づく発達的な統合認知システムに向けて ~世界モデルから記号創発システムまで~, 2022, シンギュラリティサロン, Online, Zoom, 招待講演 BibTeX
  8. 谷口忠大, 全脳確率的生成モデル(WB-PGM):世界モデルと推論に基づく汎用人工知能に向けて, 2022, 第7回全脳アーキテクチャ・シンポジウム, Online, Zoom, 招待講演 BibTeX
  9. 谷口彰, 確率的生成モデルに基づくロボットの場所概念形成と語彙獲得, 2022, 第8回 Language and Robotics研究会 , https://sites.google.com/view/language-and-robotics/#h.42tc7wc3ys74 BibTeX
  10. Tadahiro Taniguchi, Metropolis-Hasting naming game for symbol emergence, 2022, 3rd SMILES WORKSHOP, satellite ICDL 2022, London, UK BibTeX
  11. 谷口忠大, マルチモーダルな予測と推論に基づく実世界認知アーキテクチャ: 記号創発ロボティクスから全脳確率的生成モデルまで, 2022, 招待講演, OS「認知科学のモデル論―モデルからみる認知の多様性―」, 日本認知科学会第39回大会 BibTeX
  12. Tadahiro Taniguchi, Consciousness and Symbol Emergence Systems, 2022, Invited talk, International Symposium on Artificial Intelligence and Brain Science 2022, Okinawa, Japan BibTeX
  13. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスとマルチモーダル感覚情報に基づく言語獲得 ~実世界人工知能に学ぶ言葉の意味の構成的理解~, 2022, 基調講演,LET 61st Annual Conference #LET61 – 外国語教育メディア学会 BibTeX
  14. 谷口忠大, 潜在構造発見の自律ロボットに向けた融合AI, 2022, AI・人工知能EXPO【春】アカデミック フォーラム BibTeX
  15. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスと心の哲学 ~人工知能と人間による意味理解を問い直す~, 2022, JST/RISTEX「人と情報のエコシステム」研究開発領域, 「人と情報テクノロジーの共生のための人工知能の哲学2.0の構築」 総括シンポジウム @Online BibTeX
  16. Tadahiro Taniguchi, Symbol Emergence in Robotics and Collective Predictive Coding Hypothesis, 2022, 科研費学術変革領域研究(B)クオリア構造と情報構造の関係性理解, Qualia Structure Seminar BibTeX
  17. 谷口彰, 海馬体に整合的な確率的生成モデルの構築, 2022, ニューロコンピューティング研究会, 招待講演 BibTeX
  18. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスと統合的認知アーキテクチャ 人と環境との相互作用に基づく自律的な発達知能創成, 2022, JST-CRDS, 「現実空間を認識し、臨機応変に対応できるロボットの実現に向けて」 JST-CRDSワークショップ BibTeX
  • CONTACT
  • Internal Site
  • JST Mirai
  • R-GIRO
  • BIBLIOBATTLE
  • BrainAI(英語)
  • SICE
  • CREST_Nagai