ALL202420232022202120202019201820172016201520142013201220112010200920082007200620052004200320021994

International Journal Paper

  1. Jun Inukai, Tadahiro Taniguchi, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Recursive Metropolis-Hastings naming game: symbol emergence in a multi-agent system based on probabilistic generative models, Frontiers in Artificial Intelligence, 6(), 2023. DOI: 10.3389/frai.2023.1229127 BibTeX [LINK1]
  2. Ryota Okumura, Tadahiro Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Akira Taniguchi, Metropolis-Hastings algorithm in joint-attention naming game: experimental semiotics study, Frontiers in Artificial Intelligence, 6(), 2023. DOI: 10.3389/frai.2023.1235231 BibTeX [LINK1]
  3. Shoichi Hasegawa, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Lotfi El Hafi, Tadahiro Taniguchi, Integrating Probabilistic Logic and Multimodal Spatial Concepts for Efficient Robotic Object Search in Home Environments, SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration, (), 2023. accept BibTeX
  4. Tadahiro Taniguchi, Yuto Yoshida, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Emergent Communication through Metropolis-Hastings Naming Game with Deep Generative Models, Advanced Robotics, (), 2023. BibTeX
  5. Akira Taniguchi, Hiroaki Murakami, Ryo Ozaki, Tadahiro Taniguchi, Unsupervised Multimodal Word Discovery based on Double Articulation Analysis with Co-occurrence cues, IEEE Transactions on Cognitive and Developmental Systems, (), 2023. BibTeX [LINK1]
  6. Akira Taniguchi, Yoshiki Tabuchi, Tomochika Ishikawa, Lotfi El Hafi, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Active Exploration based on Information Gain by Particle Filter for Efficient Spatial Concept Formation, Advanced Robotics, (), 2023. BibTeX [LINK1]

Domestic Journal Paper

  1. No data available.

International Conference

  1. Hiroto Ebara, Tomoaki Nakamura, Akira Taniguchi and Tadahiro Taniguchi, Multi-agent Reinforcement Learning with Emergent Communication using Discrete and Indifferentiable Message, 14th International Conference on Smart Computing and Artificial Intelligence (SCAI 2023-Winter), 2023, Competitive Paper Award BibTeX
  2. Soichiro Komura, Katsuyoshi Maeyama, Akira Taniguchi, Tadahiro Taniguchi*, Lexical Acquisition from Audio-Visual Streams using a Multimodal Recurrent State-Space Model, 13th IEEE International Conference on Development and Learning (ICDL), 2023, Best Conference Paper Finalist BibTeX
  3. Takafumi Horie*, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Lexical Acquisition with Cross-Situational Learning Based on Mutual Segmentation of Sentences and Multi-Attribute Sensory Information, 13th IEEE International Conference on Development and Learning (ICDL), 2023 BibTeX
  4. Yuta Matsui*, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Cross-Situational Word Learning in Disentangled Latent Space, 13th IEEE International Conference on Development and Learning (ICDL), 2023 BibTeX
  5. Tomochika Ishikawa, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Active Semantic Mapping for Household Robots: Rapid Indoor Adaptation and Reduced User Burden, IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC), 2023, Maui, Hawaii, https://tomochika-ishikawa.github.io/Active-SpCoSLAM/ BibTeX
  6. Akira Oyama, Shoichi Hasegawa, Hikaru Nakagawa, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Exophora Resolution of Linguistic Instructions with a Demonstrative based on Real-World Multimodal Information, IEEE International Conference on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2023), 2023, Busan, Korea BibTeX
  7. Ryosuke Yamaki, Tadahiro Taniguchi, Daichi Mochihashi, Holographic CCG Parsing, The 61st Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2023), 2023, Toronto, Canada BibTeX
  8. Gustavo A. Garcia Ricardez, Zihan Yue, Yosuke Suzuki, Tadahiro Taniguchi, Reflectance Estimation for Pre-grasping Distance Measurement using RGB and Proximity Sensing, IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2023), 2023 BibTeX
  9. Shoichi Hasegawa, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Lotfi El Hafi, and Tadahiro Taniguchi, Inferring Place-Object Relationships by Integrating Probabilistic Logic and Multimodal Spatial Concepts, IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2023), 2023, Best Paper Award, ロボカップ研究賞 受賞 BibTeX
  10. Lotfi El Hafi, Youwei Zheng, Hiroshi Shirouzu, Tomoaki Nakamura, and Tadahiro Taniguchi, Serket-SDE: A Containerized Software Development Environment for the Symbol Emergence in Robotics Toolkit, IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2023), 2023 BibTeX

Domestic Conference

  1. 小栗 滉貴(パナソニック コネクト株式会社),黄瀬 輝(パナソニック コネクト株式会社),奥村 亮(パナソニック ホールディングス株式会社),谷口 忠大(パナソニック ホールディングス株式会社/立命館大学), CLIPを用いた言語と画像の接地によるロボット制御, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023), 2023 BibTeX
  2. 谷口 彰(立命館大),山川 宏(WBAI/東大) , 海馬体の離散イベントキュー仮説に基づく自己位置推定手法, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023), 2023 BibTeX
  3. 中村 友昭(電通大),鈴木 雅大(東京大学),谷口 彰(立命館大),谷口 忠大(立命館大) , ガウス過程潜在変数モデルとニューラルネットワークの統合によるマルチエージェント記号創発と潜在表現学習, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023), 2023 BibTeX
  4. 江原 広人(電気通信大学),中村 友昭(電気通信大学),谷口 彰(立命館大学),谷口 忠大(立命館大学) , メトロポリス・ヘイスティングス名付けゲームと深層強化学習に基づく協調行動の学習と生成, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023), 2023 BibTeX
  5. 柴田博諄,ジア ユアンユアン,ウリグエン エルフリ ペドロ ミゲル,谷口忠大, 物体マスクを活用した複雑環境下でのNewtonianVAEによるマニピュレーション, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023), 2023 BibTeX
  6. 大西主馬,Gustavo Garcia,鈴木陽介,谷口忠大, 近接覚センサおよび摩擦係数推定を活用した把持安定性に基づく物体把持, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023), 2023 BibTeX
  7. 長田将,Gustavo Garcia,鈴木陽介,谷口忠大, 基盤モデルを用いた物体の赤外光の反射率の予測, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023), 2023 BibTeX
  8. 坂口太一,谷口彰,萩原良信,谷口忠大, 自己蒸留と3次元地図を用いた生活支援ロボットによる類似物体探索, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023), 2023 BibTeX
  9. 長谷川翔一,伊藤昌樹,山木良輔,坂口太一,萩原良信,谷口彰,エルハフィロトフィ,谷口忠大, 生活支援ロボットの行動計画のための大規模言語モデルと場所概念モデルの活用, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023), 2023 BibTeX
  10. 萩原良信,長谷川翔一,大山瑛,谷口彰,エルハフィロトフィ,谷口忠大, 現場環境で学習した知識に基づく曖昧な発話からの生活物理支援タスク, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023), 2023, HSRコミュニティ優秀論文賞 BibTeX
  11. 黄瀬 輝、奥村 亮、谷口 忠大, ロボット制御における大規模言語モデルと世界モデルの融合, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  12. 寺島 舞、ウリグエン エルフリ ペドロ ミゲル、ジア ユアンユアン、柴田 博諄、伊藤 昌樹、谷口 忠大, 縫合自動化に向けたマルチモーダルNewtonianVAEに基づく高精度位置決め手法, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  13. 石川 朋親、谷口 彰、萩原 良信、谷口 忠大, 地図とマルチモーダル場所概念の同時学習のための能動探索手法と基盤モデル活用, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  14. 長谷川 翔一、山木 良輔、谷口 彰、萩原 良信、エル ハフィ ロトフィ、谷口 忠大, 大規模言語モデルと場所概念モデルの統合による未観測物体の語彙を含んだ言語指示理解, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  15. 大竹 俊輔、前山 功伊、長谷川 翔一、中島 毅士、谷口 彰、谷口 忠大、山川 宏, 海馬体に学んだ確率的生成モデルの実装と有効性検証, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  16. 中村 友昭、谷口 彰、谷口 忠大, マルチエージェント記号創発に基づく協調的行動の学習と生成, Control as Inferenceとメトロポリス名付けゲームの融合, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  17. 犬飼 惇、谷口 忠大、萩原 良信、谷口 彰, 再帰的メトロポリス・ヘイスティングス名付けゲーム, 確率的生成モデルに基づくマルチエージェント記号創発の一般化, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  18. 谷口 忠大, 集合的予測符号化仮説, 記号創発ロボティクスと言語進化の新展開に向けて, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  19. 松井 悠太、谷口 彰、萩原 良信、谷口 忠大, Disentanglementによる属性の理解を通じた交差状況語意学習, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  20. 奥村 亮太、谷口 忠大、萩原 良信、谷口 彰, 実験記号論によるメトロポリス・ヘイスティングス名付けゲームの動態分析, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  21. 岡田 雅司、小松 真弓、奥村 亮、谷口 忠大, インピーダンス制御を意識した教示分節化と事前知識を利用した多目的ベイズ最適化による剛性パラメータの学習, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  22. 北 篤佳、青山 秀紀、谷口 忠大, 確率的に変動する所要時間下のマルチエージェント経路探索におけるパラメータ推定について, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  23. 堀江 孝文、谷口 彰、萩原 良信、谷口 忠大, 交差状況学習と教師なし形態素解析による語彙獲得モデル, 2023年度人工知能学会全国大会(JSAI2023), 2023 BibTeX
  24. 山木良輔, 谷口忠大, 持橋大地 , 構文解析と画像生成の統合による機能語の言語理解, 言語処理学会第29回年次大会(NLP2023), 2023, 優秀賞 受賞 BibTeX
  25. 大山瑛, 長谷川翔一, 中川光, 谷口彰, 萩原良信, 谷口忠大, 実世界のマルチモーダル情報に基づく指示語を含んだ言語指示の外部照応解析, 言語処理学会第29回年次大会(NLP2023), 2023, 若手奨励賞 受賞 BibTeX
  26. 江原広人, 中村友昭 (電通大), 谷口彰, 谷口忠大, 分散的ベイズ推論としてのマルチエージェント強化学習と記号創発, 言語処理学会第29回年次大会(NLP2023), 2023 BibTeX

Book

  1. 谷口忠大, 応用哲学 (3STEPシリーズ 6), 昭和堂, 2023 10, 第10章「人工知能――ロボットは他者になれるか」pp. 147-160 を分担執筆 BibTeX
  2. 谷口忠大・河島茂生・井上明人, 未来社会と「意味」の境界, 勁草書房, 2023 8, 全176頁 BibTeX
  3. Taniguchi, T. , Aramaki, M., Hirata, K., Kitahara, T., Kronland-Martinet, R., Ystad, S. (eds) Music in the AI Era. CMMR 2021. Lecture Notes in Computer Science, vol 13770 . , Springer, Cham. , 2023 , On Parallelism in Music and Language: A Perspective from Symbol Emergence Systems Based on Probabilistic Generative Models” BibTeX [LINK1]
  4. Taniguchi, T., T. Kato, T. Mukumoto & H. Yoshida, Open Semiotics. Volume 4: Life and its Extensions, Symbol Emergence in Robotics: Semiotics for the Creation of Embodied Artificial Cognitive Systems, 559-571, LʼHarmattan BibTeX

Invited talks

  1. 谷口忠大, 社会における分散的ベイズ推論としての記号創発 ~集合的予測符号化としての言語観~, 2023, 言語処理学会第29回年次大会(NLP2023), 招待講演 BibTeX
  2. 谷口忠大, 認知発達への構成論的アプローチ 発達ロボティクスから記号創発システムまで, 2023, 発達心理学会, 教育セミナー, 招待講演 BibTeX
  3. 谷口忠大, 記号創発システムの構成論 言語を生み出す集合的予測符号化, 2023, 第12回 Language and Robotics研究会 BibTeX
  4. 谷口忠大, AIと人間の知能 & コミュニケーション場のメカニズムデザイン, 2023, 京都クオリア塾 BibTeX

Patent

  1. No data available.

Prize

  1. 長谷川翔一, 第4回とめ研究所若手研究者懸賞論文 優秀賞, 株式会社とめ研究所, 2023 BibTeX
  2. 谷口彰, 「環境に適応した空間的知識に基づくサービスロボットの確率的プランニング」, 研究奨励賞, 日本ロボット学会, 2023 BibTeX
  3. 萩原良信,長谷川翔一,大山瑛,谷口彰,エルハフィロトフィ,谷口忠大, 第41回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2023)「現場環境で学習した知識に基づく曖昧な発話からの生活物理支援タスク」, HSRコミュニティ優秀論文賞, 日本ロボット学会インテリジェントホームロボティクス研究専門委員会, 2023 BibTeX
  4. OIT-RITS, @Home Domestic Standard Platform League, Open Challenge, RoboCup Japan Open 2023, 「現場環境で獲得した知識に基づく大規模言語モデルを活用した行動計画」, 準優勝, ロボカップ日本委員会, 2023 BibTeX
  5. 出村公成,萩原良信,升谷保博,タンジェフリートゥチュアン, 「ROS2とPythonで作って学ぶAIロボット入門教材の開発」,@Home League, RoboCup Japan Open 2023, 日本ロボット学会賞, ロボカップ日本委員会, 2023 BibTeX
  6. OIT-RITS, @Home Domestic Standard Platform League, Technical Challenge, RoboCup Japan Open 2022, 「家庭環境で学習した知識に基づく曖昧な発話からの生活支援タスク」, 優勝, ロボカップ日本委員会, 2023 BibTeX
  7. Shoichi Hasegawa, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Lotfi El Hafi, and Tadahiro Taniguchi, ロボカップ研究賞, ロボカップ日本委員会, 2023 , https://www.robocup.or.jp/award/ BibTeX
  8. 大山 瑛, 若手奨励賞, 言語処理学会第29回年次大会(NLP2023), 2023 , http://www.em.ci.ritsumei.ac.jp/jp/information/detail/1361462/ BibTeX
  9. 山木 良輔, 優秀賞,博報堂DYホールディングス賞, 言語処理学会第29回年次大会(NLP2023), 2023 , http://www.em.ci.ritsumei.ac.jp/jp/information/detail/1361462/ BibTeX
  10. Shoichi Hasegawa, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Lotfi El Hafi, and Tadahiro Taniguchi, IEEE SII, Best paper award, SICE Young Researcher Award, IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII 2023), 2023 , ”Inferring Place-Object Relationships by Integrating Probabilistic Logic and Multimodal Spatial Concepts” BibTeX

Media

  1. , 立命館大など、ロボットに3D姿勢教示 MRシステム開発, 日刊工業新聞, 2023 BibTeX [LINK1]
  2. , 現代のことば 弱いロボット, 京都新聞 夕刊 1面, 2023 11 BibTeX
  3. , 「RoboCup Japan Open 2023」で受賞, 毎日新聞大学倶楽部, 2023 BibTeX [LINK1]
  4. , 総合科学技術研究機構の教員3人が参加するロボット競技チーム「NAIST-RITS-Panasonic」がWRSのFCSC競技会で優勝, 毎日新聞大学倶楽部, 2023 1 BibTeX [LINK1]
  5. , 現代のことば  「読書感想文」の季節, 京都新聞 夕刊 1面, 2023 1 BibTeX [LINK1]

Academic Activities

  1. 谷口 彰,岡田 佳都,赤井 直紀,村田 真悟, 確率ロボティクスとデータ工学ロボティクス ~認識・行動学習・記号創発~, 日本ロボット学会学術講演会, 2023 BibTeX
  2. 栗原 聡,山川 宏,三宅 陽一郎,谷口 彰,田和辻 可昌, 統合AIへの展望, 人工知能学会全国大会, 2023 BibTeX

Other

  1. 谷口忠大, 大規模言語モデルが学ぶ「言語」を生む 人間の意味生成の理解に向けて, 公益財団法⼈ 吉田秀雄記念事業財団, 2023 9, 85, アド・スタディーズ BibTeX [LINK1]
  2. 谷口 忠大, 言語はクオリアを斉一化するために創発したのか?, 岩波書店, 2023 , 6, 岩波『科学』2023年6月号「意識とクオリアの科学は可能か?」 BibTeX
  3. 谷口 忠大, 自由エネルギー原理と記号・言語創発—集合的予測符号化から大規模言語モデルまで—, 人工知能, 2023 11, 38, 6, 810-817, 記事 BibTeX [LINK1]
  • CONTACT
  • Internal Site
  • JST Mirai
  • R-GIRO
  • BIBLIOBATTLE
  • BrainAI(英語)
  • SICE
  • CREST_Nagai