ALL2019201820172016201520142013201220112010200920082007200620052004200320021994

International Journal Paper

  1. Yoshinobu Hagiwara , Hiroyoshi Kobayashi, Akira Taniguchi and Tadahiro Taniguchi, Symbol Emergence as an Interpersonal Multimodal Categorization, Frontiers in Robotics and AI, (), 2019. (accepted) arXiv:1905.13443 BibTeX
  2. L. El Hafia, S. Isobea, Y. Tabuchia, Y. Katsumataa, H. Nakamuraa, T. Fukuia, T. Matsuoa,G.A. Garcia Ricardezb, M. Yamamotoc, A. Taniguchia, Y. Hagiwaraa, and T. Taniguchia, System for augmented human-robot interaction through mixed reality and robot training by non-experts in customer service environments, Advanced Robotics, (), 2019. (accepted)DOI: 10.1080/01691864.2019.1694068 BibTeX
  3. T. Tangiuchi, D. Mochihashi, T. Nagai, S. Uchida, N. Inoue, I. Kobayashi, T. Nakamura, Y. Hagiwara, N. Iwahashi & T. Inamura, Survey on frontiers of language and robotics, Advanced Robotics, 33(15-16), 700-730, 2019. DOI: 10.1080/01691864.2019.1632223 BibTeX
  4. Ryo Nakashima, Ryo Ozaki, Tadahiro Taniguchi, Unsupervised Phoneme and Word Discovery From Multiple Speakers Using Double Articulation Analyzer and Neural Network With Parametric Bias, Frontiers in Robotics and AI, 6(92), 2019. DOI: 10.3389/frobt.2019.00092 BibTeX
  5. Matthew Ishige, Takuya Umedachi, Tadahiro Taniguchi, and Yoshihiro Kawahara, Exploring Behaviors of Caterpillar-Like Soft Robots with a Central Pattern Generator-Based Controller and Reinforcement Learning, SOFT ROBOTICS, (), 2019. Open Access, DOI: 10.1089/soro.2018.0126 BibTeX
  6. Yuki Katsumata, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, Tadahiro Taniguchi, Semantic Mapping Based on Spatial Concepts for Grounding Words Related to Places in Daily Environments, Frontiers in Robotics and AI, section Computational Intelligence, 6(31), 2019. DOI:10.3389/frobt.2019.00031 BibTeX
  7. Kenji Doya, Tadahiro Taniguchi, Toward Evolutionary and Developmental Intelligence, Current Opinion in Behavioral Sciences, 29(), 91-96, 2019. DOI: 10.1016/j.cobeha.2019.04.006 BibTeX [LINK1]

Domestic Journal Paper

  1. 末長英里子,蓮行,安藤花恵,紙本明子,黒木陽子,田中沙穂,益井博史,谷口忠大, 議論における極の数の設計がコミュニケーション場に及ぼす影響:件の宣言を対象とした実験による評価, システム制御情報学会論文誌, 32(12), pp. 455-466, 2019. in press BibTeX
  2. 益井博史,海川由美子,三苫奈美子,谷口忠大, ビブリオバトルにおける発表順のチャンプ本決定への影響分析, システム制御情報学会論文誌, 32(12), pp. 439-445, 2019. in press BibTeX
  3. 谷口忠大, コミュニケーション場のメカニズムデザインに向けたシステム論の構築と展望, システム制御情報学会論文誌, 32(12), pp. 417-428, 2019. in press BibTeX

International Conference

  1. Masashi Okada, Tadahiro Taniguchi, Variational Inference MPC for Bayesian Model-based Reinforcement Learning, CONFERENCE ON ROBOT LEARNING (CORL) 2019, 2019 BibTeX
  2. Yuki Katsumata, Lotfi El Hafi, Akira Taniguchi, Yoshinobu Hagiwara, and Tadahiro Taniguchi, Integrating Simultaneous Localization and Mapping with Map Completion Using Generative Adversarial Networks, IROS 2019 Workshop on Deep Probabilistic Generative Models for Cognitive Architecture in Robotics, 2019 BibTeX
  3. Ryo Kuniyasu, Tomoaki Nakamura, Takayuki Nagai, and Tadahiro Taniguchi, Construction of a Multimodal Learning Model Based on Integrating Stochastic Models, IROS 2019 Workshop on Deep Probabilistic Generative Models for Cognitive Architecture in Robotics, 2019 BibTeX
  4. Hirofumi Masui, Yumiko Kaigawa, Namiko Mitoma, Tadahiro Taniguchi, Impact Analysis of Order of Presentation on Champion Book Selection in Bibliobattle, HUMAN-COMPUTER INTERACTION 2019, 2019, Orlando, Florida, USA, accepted BibTeX
  5. O. Roesler and A. Aly and T. Taniguchi and Y. Hayashi, Probabilistic Framework for Unsupervised Semantic Grounding of Synonyms in Situated Human-Robot Interaction, Proceedings of the ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI), 2019, Daegu, South Korea, accepted BibTeX

Domestic Conference

  1. 谷口 忠大, 蓮 行, 中川 智皓, 石川 竜一郎, 井之上 直也, 益井 博史, 末長 英里子, コミュニケーション場のメカニズムデザインにおける設計変数の抽出と検討, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2019(SSI2019), 2019 BibTeX [LINK1]
  2. 中林 一貴, 益井 博史, 谷口 忠大, 発話権取引が音声認識結果に及ぼす影響の分析, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2019(SSI2019), 2019 BibTeX [LINK1]
  3. 益井 博史, 大島 嵩弘, 谷口 忠大, 発話権取引の大規模化がコミュニケーション場に及ぼす影響の分析, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2019(SSI2019), 2019 BibTeX [LINK1]
  4. 黄瀬輝,谷口忠大, 複数の最適性を含む確率的グラフィカルモデルによる強化学習と模倣学習の統合, 2019年日本ロボット学会, 2019 BibTeX
  5. 田口 慶志郎,浅田 和弥,石伏 智,萩原 良信,谷口 忠大, 場所概念転移学習モデルの名前・位置予測における大規模性能評価実験, 2019年度人工知能学会全国大会(JSAI2019), 2019 BibTeX [LINK1]
  6. 奥田 恭章,尾崎 僚,谷口 忠大, 韻律情報を活用した二重分節解析器による自然音声からの語彙獲得, 2019年度人工知能学会全国大会(JSAI2019), 2019 BibTeX [LINK1]
  7. 村上太亮,尾崎僚,谷口彰,谷口忠大, 教師なし学習による物体概念および言語モデルと音響モデルの同時学習, 2019年度人工知能学会全国大会(JSAI2019), 2019 BibTeX [LINK1]
  8. 國安瞭,中村友昭,長井隆行,谷口忠大, 確率モデルの統合によるマルチモーダル学習モデルの構築, 2019年度人工知能学会全国大会(JSAI2019), 2019 BibTeX [LINK1]
  9. 益井博史, 大島 崇弘, 谷口 忠大, 発話権取引モバイルアプリケーションを用いたディスカッション場の分析, 2019年度人工知能学会全国大会(JSAI2019), 2019 BibTeX [LINK1]
  10. 谷口彰,萩原良信,谷口忠大,稲邑哲也, 場所概念に基づく確率推論による音声命令からのパスプランニング, 2019年度人工知能学会全国大会(JSAI2019), 2019 BibTeX [LINK1]
  11. 中村仁,エルハフィ ロトフィ,萩原良信,谷口忠大, 複合現実によるロボットの空間認識可視化のためのSemantic-ICPを用いたキャリブレーション, 2019年度人工知能学会全国大会(JSAI2019), 2019 BibTeX [LINK1]

Book

  1. アンジェロ・カンジェロシ,マシュー・シュレシンジャー(著)岡田浩之,谷口忠大(監訳), 発達ロボティクスハンドブック, 福村出版, 2019 1, 監訳 BibTeX

Invited talks

  1. 谷口忠大, コミュニケーション場のメカニズムデザインによる集合知の活用に向けて, 2019, 2019年度人工知能学会全国大会(JSAI2019), Invited Talk, OS-5 複雑化社会における意思決定・合意形成のためのAI技術 BibTeX
  2. 谷口忠大, 人工知能で都市はどう変わるのか, 2019, JUDIフォーラム2019, 都市環境デザイン会議関西ブロック http://book.gakugei-pub.co.jp/wp/judi/forum1905/ BibTeX
  3. 谷口忠大, 記号創発ロボティクスにおける確率的生成モデルと深層学習の融合, 2019, 東京大学, 東京大学先端人工知能学教育寄付講座 http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/FAIRE/event/%E3%80%8C%E6%B7%B1%E5%B1%A4%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%81%AE%E5%85%88%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE-%E8%A8%98%E5%8F%B7%E6%8E%A8%E8%AB%96%E3%81%A8%E3%81%AE%E8%9E%8D%E5%90%88%E3%82%92-2/ BibTeX
  4. 谷口忠大, 知能を創る–汎用人工知能への挑戦, 2019, インプレス, AIビジネスインフォマティクス2019、 基調講演 https://b-event.impress.co.jp/event/aibi201903/ BibTeX

Patent

  1. 竹中一仁,三澤秀明,谷口忠大, 情報抽出装置(特開2019-101728) 公開日 令和1年6月24日), 2019 6, 株式会社デンソー・学校法人立命館 BibTeX
  2. 三澤秀明,竹中一仁,谷口忠大, 運転データ解析装置(特開2019-74849) 公開日 令和1年5月16日, 2019 5, 株式会社デンソー・学校法人立命館 BibTeX
  3. 竹中一仁,三澤秀明,谷口忠大, 情報提示装置、情報提示タイミング設定方法、プログラム(特開2019-21259)公開日平成31年2月7日, 2019 2, 株式会社デンソー・学校法人立命館 BibTeX

Prize

  1. No data available.

Media

  1. , 意味を理解するAIが求められている, LabBaseマガジン, 2019 , Vol3 BibTeX [LINK1] [LINK2]

Academic Activities

  1. 河島茂生、谷口忠大ほか, 『AI時代の「自律性」』, 2019 11, 青山学院大学シンギュラリティ研究所 来るべき世界:科学技術、AI と人間性,トークイベント BibTeX
  2. 谷口忠大, 「学問2.0 ~交錯する理系知と文系知」第4回 ~学問の魂vsAIの能力 学者はAIに振り回されるのか?それとも振り回せるか?, 2019 8, 梅田蔦屋書店【読書の学校】連続トークイベント 招待講演 BibTeX
  3. 谷口忠大, 記号創発システム論に基づく実世界での言語学習と理解の構成論に向けて, 2019 8, 第19回Kフォーラム(岐阜県高山市)招待講演 BibTeX
  4. 田渕義基,萩原良信, ユーザとの言語コミュニケーションに基づく環境に適応的な生活支援ロボット, 第9回インテリジェントホームロボティクス研究会,インテリジェントホームロボティクス研究専門委員会, 2019 3, 大阪工業大学 梅田キャンパス BibTeX
  5. , SoAIR2019 JST-CREST / IEEE-RAS Spring School on “Social and Artificial Intelligence for User-Friendly Robots”, 2019 3, 合宿形式のスプリングスクール BibTeX
  6. Michael Spranger, Tadahiro Taniguchi, Angelo Cangelosi, Learning to communicate: Challenges in language learning by AI, robots and humans, 2019 2, 合宿形式のワークショップ,NIIの湘南会議 BibTeX

Other

  1. 福田 直樹,福島 俊一,伊藤 孝行,谷口 忠大,横尾  真, 複雑化社会における意思決定・合意形成のための AI 技術 , 人工知能, 2019 , 34, 6, 863-869 (解説記事) BibTeX
  2. 谷口 忠大, コミュニケーション場のメカニズムと対話空間, システム制御情報学会誌, 2019 , 63, 2, 85-90 (解説記事)コミュニケーション場のメカニズムデザイン講座ー1 BibTeX
  • CONTACT
  • Internal Site
  • BrainAI(英語)
  • BIBLIOBATTLE
  • R-GIRO
  • SICE
  • JST Mirai
  • CREST_Nagai